スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「The paperhuman feat」 の勝手な解説(前半)

ReplicaのCubaseさんによるペーパーマンフラグムービー「The paperhuman feat」の勝手な解説。敬称略。
余り上手くない人間の解説なので、お気に障ったらすみません。


プレーヤー/所属クラン/相手クラン/キル数/プレーヤー解説/シーン解説

顰蹙/OneByOne/RozenMaiden/SR4(all)kill
/SRもARも巧みに操るMRである。いくつもの強豪クランで活躍した経歴を持つ。
/Aショートから引く相手をキルした後、A中の相手を抜き、Bまでシフトする。A中にて設置待ちをしている相手を抜いて、人数差を挽回したのが印象的。最後のキルのエフェクトが、オールキルの印象深さを際立たせる。

野菜生活100/Replica/1シーン目(恐らくLifeLike)、2シーン目Nectar/3kill、3kill
/ReplicaのエースAR。SRも非常にハイスキルなプレーヤーである。長年にわたり、ペーパーマンのトップレベルでプレーを続けている。
/AR3killは、相手のBプッシュに対して、味方と連携を取りながらワンマガジンでサイトを守りきった。HSラインから離れず、相手のにAIMを当て続けているのが素晴らしい。SR3キルは、物陰から出てきたところを抜いて、そこから詰めて殺し続けるという攻め砂の醍醐味を感じる。

吉岡チエ/Nectar/魔王/5(all)kill
/ミリタリーの流れをくむクランで活躍するペーパーマン切ってのMR。追い込まれた時の判断力、AIMは随一。
/デモリ2kill後、設置後1on3の状況からSRで抜き、解除を間に合わせた。4kill目の冷静なAIMと、5kill目のペーパーマンに珍しいハンドガンキルが特に美しい。

因幡/OneByOne/Replica/4kill
/OBOのエースAR。AK47使いが少ないペーパーマンで、AKを使い続ける姿がひときわ目立つ。瞬間的AIMが白眉。
/1kill目の反応の良さ、2kill目のデモリの完璧なタイミングが光る。設置後2on5でも崩れない冷静さが、非常に素晴らしい。

Flying/Replica/UNKnOwn/SR3kill
/Replicaのマスターで、エースSR。クラン戦で醸し出すプレシャーは相当なものである。
/1kill目では一瞬覗いて場所を把握し、すぐさまHS。2kill目も同様に、体をちらりと出して相手のあらわな部分に当てている。瞬間的に合わせる腕が秀逸。

よーちゃん/RozenMaiden/pulpNT3/4kill
/ユーザー主催大会のスーパーバイザーなど、ペーパーマンで多面的に活躍するAR。
/ピンポイントなグレネードからの4killである。味方と連携した、相手を包み込むような立ち回りが丁寧で素晴らしい。

さむらいあたっく/LifeLike/RozenMaiden/5(all)kill
/ベルサール秋葉原、第二回オフライン大会で優勝したメンバーの一人。遮蔽物を使った丁寧な撃ち合いが持ち味である。
/相手の出方を読み切ったグレネードで2killし、その後はポジションを移動しながら相手を順番にkillする立ち回りの巧みさが光る。3kill目のボムを持った相手への、前に出ながらのHSが際立つ。

hirock/わが町GINIA/Replica/5kill
/ベルサール秋葉原大会の個人戦、古城大会で2位となった安定感のあるAR。ペーパーマンを代表するプレーヤーの一人。
/デモリでのkillの後、T側1on4から設置し逆転したシーンである。2,3kill目のダブルキルの貼りつくAIMも素晴らしいが、何と言っても最後の1on2で挟まれている状況から、1マガジンで前後両方を切ったのが痺れるプレーである。

骨折治っ太郎/UNKnOwn/わが町GINIA/SR3HS
/ペーパーマンを代表するSRの一人。丁寧なAIMと読みが非常にハイレベルで纏まっているプレーヤーである。
/紛争地区のCTで、Aサイト側から、ベンチの相手を流れるようにHSで3kill。圧倒的なAIMと反応に、ただ驚嘆するしかない。

せーや/Enter(動画撮影時は別クラン)/LifeLike/3kill
/露出は少ないが、AIMを合わせる速度はペーパーマンでもトップレベルのプレーヤーである。
/敵を発見してから照準が相手にあうまでの速さが、非常に優れている。反応とAIMの良さが凄まじい。

ぴかちゅん/わが町GINIA/(と・ての)5(all)kill
/わが町GINIAのエースであるポケモンコンビの一角。
/1~4kill目は、敵を発見してからのkillまで速度の速さに目を見張る。最後の設置後に手負いになりつつも、下がりながらの決め撃ちで抜いたのが勝負強さを感じさせる。

Cubase/Replica/Chrono/5kill
/実況者やこのフラグムービーの制作など、多方面で活躍するプレイヤー。もちろん実力も折紙付きである。
/シーン全体として、どのタイミングを見てもAIMが敵に合い続けているのが素晴らしい。粘着AIMの良い例である。

QuietCat/OneByOne/わが町GINIA/SR3kill
/OBOのクランマスターで指揮官かつawper。指揮もさることながら、落ち着いたAIMの良さが非常に魅力的
/相手のラッシュを、SRで抜き続けると言う、フラグムービーシーンの醍醐味を表現してくれた。本人のAIMだけでなく、味方のカバーのグレネードの上手さにも着目。




前半終了
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

違うねん
あれ、6on6だからall killじゃないねん

No title

ごめんなさいいいい!tab押してるシーンスローモーションまでして人数確認したのに消し忘れましたッ…。訂正訂正
わざわざありがとうございますー
プロフィール

罵倒まゆか

Author:罵倒まゆか
罵倒すっぞ。
爆破研究会とかやってます

アラド戦記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ペーパーマン・攻略ブログ